カジュアルな「待って」の英語表現4選!wait以外で差を付けろ!

Wait!に飽きた皆さん!

今日から違う言い方に挑戦してみませんか!?

では早速、友達間などのカジュアルなシーンで使える「待って」の英語表現4つを見ていきましょう!

実際waitは使うの?

使うことは使います!

ただそんなに頻繁には使いませんね。

特に友達間でwaitを使うシチュエーションってそんなにないような気がします。。

waitって一般的な「待つ」の意味があるからこそ、丁寧な表現の「待ってもらえますか?」みたいな時に使うことが多いです。

後は突発的に”相手に待ってほしい・相手を引き留めたいシチュエーションでも使いますね。

電話で相手に「もう切るで。」と言われた時に、Wait!みたいな(笑)

wait a sec「ちょっと待って」はカジュアルな感じでよく使います!

「待って」のカジュアルな英語表現4選

waitよりも自然なカジュアルな表現を見ていきましょう1

just a sec

just a secはすごくカジュアルに使える一番シンプルな表現です。

慣れている人はjus secぐらいで発音しますね。

あえて綺麗に発音し切らないというか、これぐらいがカジュアルさをさらに引き出します!

secはsecondの略! フランクな表現だけど割と接客時に聞くこともあります!

one sec

one secはjust a secによく似ています。

文字だけ見ればone secの方が短いのでよりカジュアル感はありますが、そんなこともないです。

まぁ強いて言うと、one secを使う場面って、何かに集中している時であったり、人に邪魔されたくない時に、「1秒だけほんまちょっと待って」みたいなニュアンスで使うかもしれないです。

・子どもにJust a sec!と言ったのにまだ執拗に話しかけてこられて、少し強めにOne sec!

・何か数字の計算中で、今話しかけられたら分からなくなるような時にも、One sec!

ただ両者同じように使えるので、そこまで意識する必要はありませんよ!

one secとjust a secはほぼ一緒!交互に使ってみよう!

hold on

hold onは、何かについて話をしている時に、自分が思っていることと違った意見で合ったり「ん?」と思うようなことを聞いた時の「ちょっと待って。」のニュアンスで使うことが多いです。

イメージとしては、ちょっと眉間にしわを寄せながら、ちょっと待ってそれどういうこと?みたいな。(笑)

学生だとディスカッションやディベートの時にも使えますね!

他にも、

・「ねぇねぇ!」と話しかけてくる子がいたら、”そのねぇねぇちょっと待って”という意味でHold on!

・電話中なら、相手の言ったことに対してだけでなく、こちら側の都合で相手にちょっと待ってほしい時(母に呼ばれたり、顔を洗う時とか)にもHold on!

割と幅広く使えるので、個人的に一番使う表現です!

holdとは「掴む」という意味です。そのイメージから、
”今言ったこと・していることをholdして”→”止めて”、”待って”という意味になります。

hold your horses

これ知ってる人あまりいないですよ~(笑)

日常的に使用頻度は低いですが、若干おまけ感で紹介します!(笑)

hold your horsesは、焦っていたり、急かしてくるような人に対して「ちょっと待って」というニュアンスで使います。

立場が上の人から下の人に使うことが多いかもしれないですね。

「早く!早く!」と急かしてくる子どもに使ったりしますが、友達にも使えないことはないですよ!

私は忘れもしない、イギリス航空機内でキャビンアテンダントのイギリス人の女性に、私が飲み終わった空の紙コップを渡そうと手を伸ばしていた時(急かしているように映った?)に、Hold your horses!と言われました。子どもじゃあるまいし、あの人を小馬鹿にするような言い方を私は決して忘れません。(笑)

まとめ

wait以外にも、

just a sec
one sec
hold on
hold your horses(あまり使わない)

などカジュアルな表現として代用できます。

ほかにも言い方はたくさんありますが、日常的に使えるカジュアルな表現として今回この4つをご紹介しました。

特に上の3つは、waitよりも日常会話では使うので、積極的に使ってみてください!

ちなみに、just a secとhold onは私のお気に入りです!(笑)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました