『traveler』と『traveller』正しいスペルはどっち?

イギリス英語

『traveler』と『traveller』。

日本語も漢字でたまに迷うように、英語もスペルがややこしいものがあります。

トラベラー(旅人)は、どちらが正しいのでしょうか?

こんなお悩みがある方におすすめ
  • travelerとtravellerどっちのスペルが正しいの?
  • travelの意味と使い方が知りたい!

国による違いが英語のおもしろさの一つ!

travelerとtraveller 正しいスペルは?

実は、『traveler』『traveller』どっちも正しいんです!

これはアメリカ英語かイギリス英語かの違いです。

日本の英語教育はアメリカ英語を基礎としているので、多くの方が『traveler』のスペルで習っていると思います。

一方、『traveller』はイギリス英語のスペルです。「Lは2個も要らないよ!」と思う方もいると思いますが、『traveller』にしても間違いではありません。

よって、このようにどちらで書いても正解です。

  • 彼は(色んな国や場所を回るのが好きな)旅人だ。
  • He’s a traveler. ○
  • He’s a traveller. ○

travelingとtravellingはどっちが正解?

『traveling』と『travelling』も両方OKです。

先ほど同様、アメリカではLが1つ、イギリスではLを2つ付けるのが好まれます。

例えば、

  • わたしは旅をして回るのが好きです。
  • I love traveling. ○
  • I love travelling. ○

travelとtravell は両方使えるの?

この流れでいくと、「両方OKです!」と言いたいところなんですが、ここでトラップです。(笑)

travelは使いますが、travellは使いません

それもそのはず、Lが2つの『travell』は存在しないんです。

erを付けたり、ingを付けるときにLが2つになるだけで、基本の動詞は『travel』だけなので、気を付けましょう。

  • 色んなところ旅行するのが好きですか?
  • Do you like to travel? ○
  • Do you like to travell? ×

ちなみに、過去形はtravelledでもOK!

『travel』の意味と使い方

さて、『travel』の意味と使い方についても見ていきましょう。

よく使われる意味は2つです。

  1. (色んなところを)旅する、旅行する、回る
  2. (音や声などが)伝わる、伝達する

順に見ていきましょう。

(色んなところを)旅する、旅行する、回る

『travel』の一番基本的な意味ですね。使い方も難しくありません。

ただし、日本語の「旅行する」よりも「(色んな国や辺ぴな場所を)旅する、回る」みたいなニュアンスの方が強いです。

例えば、

  • 世界中を旅して回りました。
  • I traveled / travelled around the world.

(音や声などが)伝わる、伝達する

『travel』の基本的な意味から、「(音や声が)旅する→(音や声が)伝わる、伝達する」みたいなイメージです。

例えば、

  • 君の声が(うるさくて)ドアを通り超えて聞こえてきたよ。
  • Your voice was traveling / travelling through the door.

個人的に好きな言い回しです。

まとめ

  • 『traveler』はアメリカ英語、『traveller』はイギリス英語のスペル!
  • 『travel』という動詞は存在するが、『travell』は存在しない!
  • 『travel』は「旅して回る、伝達する」などの意味がある!

いかがでしたでしょうか?

イギリス英語とアメリカ英語の違いは発音だけでなく、スペルの違いにも表れます。

特に、『travel』の2つ目の使い方はネイティブ感が出るので、ぜひ使ってみてください!

それでは皆さん、have a good one!

コメント

タイトルとURLをコピーしました