英語のtooとas wellの違いって?ネイティブにきいてみた!

ネイティブにきいてみた!

英語で「~も」と言うとき、tooとas wellがありますよね!

でも、「どういう違いがあるの?」と訊かれれば、「え、…。」と答えにくくないですか?

わたしは少なくとも「両方同じだ!」で覚えていたので、どういうニュアンスの違いがあって、いつどちらが好まれるのかは知りませんでした。

なので、ネイティブに2つの違いをきいてきました!

こんなお悩みがある方におすすめ!
  • tooとas wellってどっちの方が自然なの?
  • ニュアンスの違いってあるの?

それではいきましょう!

tooとas wellの意味

tooもas wellも両方「~も」という意味です。

また、文末に使われる点も同じです。

  • わたしもそれが好きです。
  • I like it, too.
  • I like it as well.

一方で、ニュアンスには違いがあるそうです。

tooは前にカンマがいるけど、as wellは必要ない!

tooのニュアンスといつ使われる?

ではまず、tooから見ていきましょう。

  • as wellに比べ、カジュアルな響きがある
  • 日常会話で主に使われる

意味は「~も」と同じそうですが、ネイティブ的にはtooの方がよりカジュアルで、日常会話ではtooを基本的に使うそうです。

as wellのニュアンスといつ使われる?

では続いて、as wellを見ていきましょう。

  • tooに比べ、フォーマルな響きがする
  • 硬い文章で主に使われる

as wellはtooよりも、フォーマルな感じがするそうです。日常会話よりも、ライティングで使用するのが一般的なようですね。

 

alsoとはどう違うの?

「~も」という意味で、alsoも存在します。

ただし、alsoは主語の後ろ、tooとas wellは一般的に文末で使用されます。

  • わたしもそれが好きです。
  • I also like it.
  • I like it, too.
  • I like it as well.

また、誰かが「これ好き!」などと言ったときの「わたしも好き!」であれば、”I like it, too!”や”Me, too!”の方が自然だそうです。

ここで” I also like it!”と言うのは、使えなくはないですが、少し硬い感じがするようです。

まとめ

  • tooは日常会話で、as wellはライティングなどで主に使用する!
  • alsoは主語の後ろ、tooとas wellは基本的に文末で使う!

いかがでしたでしょうか?

tooと同じ意味で覚えていたas wellは、ネイティブ的にはニュアンスが違うようですね!

こうした細かい違いを知っていくことで、また一歩英語レベルが上がったように感じます。

それでは皆さん、have a good one!

コメント

タイトルとURLをコピーしました