Sitとshitを間違えるな!間違いがちな二つの単語

さて、本日はsitshitから探る発音と意味の違いに関してお話します。学校でも一度は聞いたことのある単語、sit。”Sit down!”というセットで聞いたことがある人も多いかと思います。意味はご存知の通り、「座れ!」です。sit単品で見ると「座る」という意味ですが、日本語の“し”とは発音が違うので、個人的に要注意かなと思います。日本語の“さしすせそ”の“し”の音でいくとsitではなくshitという風に聞こえます。。。

 

架空Aさん)「でもそのshitってどう意味なの?」

私)「そうですよね。気になりますよね。。意味はですね、”くそ”という意味です。」

Aさん)「え、でもどういう意味のくそ?くそにも色々あるし。。」

私)「全ての”くそ”という意味です。」

Aさん)「え、つまりは?」

私)「こっちの“糞”も、こっちの“クソッ!”もです。」

 

Shitという単語は、使い方が非常に日本語に似ています。上手いこといかなくていう、「クソッ。」であったり、う〇こさんを表す“くそ”であったり用法はすごく似ていると思います。なので、“シッt(日本語的に書けばシット)”と何の疑いもなく言うと意味が「座る」からこのようなお下品な言葉に変わりますので、注意してください。(笑)

 

まぁ例を挙げると、もしあなたが母親、父親になったとして、子ども相手に、「座りなさい!」のつもりが、「う〇こ!う〇こ!う〇こ!」と連発しているようなものです。(笑)

こんなことを防ぐためにも、きちんと発音を抑えましょう。

文字上、完璧には伝えきれませんが、shitの発音は普通に“さしすせそ”の“し”で問題ありません。まぁこの単語を使うこと自体に問題はありますが、一旦置いておきます。(笑) 続いてsitですが、こちらは日本語で書くと“スィッt”みたいな感じです。“し”から入るのと“スィ”から入るのでは音が変わるのが分かりますでしょうか?音を詳細に確認したい方は、「sit 発音」なので調べれば出ると思います。

 

もう一度要点をまとめると以下になります。

Shitは、ひらがなの“し”のまま、シッt

Sitは、“スィ”みたいな感じで、 スィッt

 

始めは意識しないとつい慣れている上側のシッtで発音してしまうと思います。なので耳でよく聴いてみてください。少しは違いに気付けるはずです。日本語では使わない音ですが、この程度の違いであれば、意識しているうちにできるようになります。thやrほど厄介なものではないので!(笑) sitは簡単な単語であるため、いつどこで使うか分かりません。そんな時、ふと出た単語がShit! にならないためにも、今のうちから発音の違いをマスターしましょう! (笑) まぁ文脈から何を言いたいのかは分かりますが。。。(笑)

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました