『専業主婦』は英語で3つもある!?ネイティブがよく使うのは?

これ英語で何て言う?

世の中には本当にたくさんの仕事があります。

『専業主婦』もその一つです。

最近では、『専業主』という書き方など、ジェンダーの考えが広がっています。

そんな『専業主婦』って英語で何て言うか、知っていますか?

ネイティブが一番使う『専業主婦』も聞いてきました!

『専業主婦』って英語で何て言うの?

『専業主婦』は英語で3つあります。

  • housewife
  • stay at home mum
  • homemaker

どれも『専業主婦』を表します!

では違いを詳しくみていきましょう。

housewife

housewife・・・直訳すると「家の妻」

なんとなく『専業主婦』の意味が捉えられますよね?

一番よく使われているそうです

stay at home mum

stay at home mum・・・直訳すると「家にステイする(居続ける)ママ」

こちらも『専業主婦』っていう感じがしますね!

よく使われるようですが、子どもがいる『専業主婦』にのみ使う!

ん、どういうこと?

この言い方にはmum(ママ)が付いていますよね?だからお子さんがいない人には使わないんです!つまり、子どもがいない『専業主婦』ならhousewife

homemaker

homemaker・・・直訳すると「家を作る人」

ただ、homeは「家庭」の意味も含むので「家庭を作る人」→『専業主婦』になります!

実際あまり使わないようです!

ネイティブがよく使う『専業主婦』の英語は?

上記はネイティブに実際に聞いてまとめたものです。

それを基に順位を付けると以下のようになりました!

ネイティブがよく使う『専業主婦』の英語ランキング

1.housewife
2.stay at home mum
3.homemaker

housewifeは第二言語が英語の人もよく使いますよ!

『専業主夫』は英語で何て言うの?

『専業主』ときたら『専業主』もみていきましょう!

『専業主夫』は英語で、

  • househusband
  • stay at home dad
  • homemaker

女性と一緒な感じね!あれ?homemakerは男性にも使えるの?

homemakerは性別を問わない中立的な言葉なので、男性・女性両方に使えます!実際あまり使われないようですが。。

使われないならどうしてこんな言い方があるの?

そもそもhomemakerという単語は昔はなかったんです。一方で、昨今の多様性やジェンダー(性)の考えのもと、性別を限定しない単語も生まれているんです。

へー、時代と共に英語も変わるのね。

ちなみに、homemakerのような性別を限定しない中立の言葉を『ジェンダーニュートラル』と言います。例えば、スチュワーデスはキャビンアテンダントと今は呼びますよね?前者は女性を連想させるからです。

あー!確かに呼び方が変わったよね!そういう背景があったんだ!

あとhomemakerは日常であまり使われないだけで、使ってもいいですよ!

まとめ

・『専業主婦』の英語は3つある!
・使用頻度の高い順に
1.housewife 
2.stay at home mum(子どもがいる場合のみ) 
3.homemaker

いかがでしたでしょうか?

どれを使っても間違いではないですが、ネイティブの使用率も高く、使用制限のないhousewifeが『専業主婦』の英語として一番良い気がしますね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました