ポケモンのレポートってreport!!

カタカナ英語

誰もが知っているポケモンのゲーム版で欠かせない『レポート』

よく考えてみると、「レポートってなんでレポートって言うんだろう?」って思いませんか?

そう思った方、ぜひ読んでみてください。

その正体が分かったのです。。

ポケモンのレポートってそもそも何?

ポケモンのレポートとは、ゲームの電源を切る前にそこまでの記録を残しておくことです。

これをせずに切ると、そこまでのデータが更新されていないので、次回開くときも今回始めた場面からスタートすることになります。

レポートせずにブチ切りして詰んだ人も多いはず。。

逆に四天王(ポケモンのゲームで一番最後に戦いに挑みに行く強い人たち)の手前で一度レポートして、負けたらブチ切りしてまた挑む。みたいな感じでも使えますよね!

レポートはreportだったのか!

昨日ふと気づいたのです。

「あ、ポケモンのレポートってreportか!」

reportというのは、「報告書、報告する」という英語です。つまり、

「ポケモンレポートにかきますか?」

「ポケモン報告書にかきこみますか?」

わたしは感動しました。(笑)だからポケモンでレポートって言うのかと!(笑)

ちなみに英語のreportの発音は、”ポート”です!

レポートとよく似たセーブも英語?

レポートのほかに、同じ機能である”セーブ”という言葉を使うゲームもたまにありますよね?

あれも英語から来ています!

セーブは英語でsave「(データを)保存する、~をとっておく、助ける」など比較的意味の多い単語です。

この中の「データを)保存する」という意味から、”セーブ”という言葉がゲーム内で使われているのでしょう。

わたしのポケモンたちを紹介(こおりポケモン使い)

最後にわたしのポケモンたちをついでに紹介します!(え、何で。)

わたしはこおりポイントをこよなく愛する”(自称)こおりポケモン使い”です。

その名の通り、こおりポケモン以外は使いません。

そのため、ジムリーダーのヤナギと戦うときは力が入りますね。(笑)

ちなみに大好きなポケモンはグレイシア♡

まとめ

・ポケモンのレポートは、英語のreport「報告する」から来ている!

小さい頃から使っているカタカナって案外英語発信のものが多くてたまに「あ~、なるほどね!」というタイミングがありますよね!

そう考えると、日常に英語がまだまだ潜んでいそう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました