日本人の英語が分かりにくい2つの理由とは?どうして伝わらないの?

「日本人の英語は伝わりにくい」

こういったことはよく聞きます。

でもどうして日本人の英語は伝わりにくいのでしょうか?

この記事で分かること!

・日本人の英語が伝わりにくい2つの理由

子音を母音で読んでいる

英語の子音を母音で読んでいるからです。

母音とはa,i,u,e,o、子音はそれ以外のアルファベットです。

例えば、”like”

正しい発音は、“ライk”のように子音で止まらないといけません。

一方、日本人は”ライク”(laiku)のように母音で発音してしまうんです。

日本語は母音で終わることが多い言語だからです。

しかし、この発音では“like”と判別しにくいです。

単語を分けて読んでいる

単語を分けて読むと伝わりにくいです。

例えば、”when it comes to”(~に関しては)。

これを文字通り、一字一句読んではいけません。

英語は母音と子音を繋げて読む言語だからです。

”whenのn”は子音、”itのi”は母音。なので、

正しくは”ウェニッカムズトゥー”と発音します。

「なんでそんな読み方しないといけないの?」

そんな声が聞こえてきそうです。。

でもそういう風に読むのが自然なんです。。

これを単語ずつ分けて読んでしまうと、英語話者にとってスムーズではないので、伝わりにくい英語になります。

どこに気を付ければいいの?

どうすれば聴き取ってもらいやすくなるのか、順に解説していきます。

子音と母音編

結論を述べると、アルファベットの正しい音を練習して、単語の音の真似をすれば済みます

ただし、なぜ日本人は子音を母音で読んでしまうのでしょうか?

気になった方は続きをお読みください。↓

日本語の仕組み

ではまず、日本語の仕組みから理解しましょう。

ひらがなは子音と母音の組み合わせで成り立っています。

『く』を分解すると、kとuの組み合わせですね。

kが子音、uが母音で『く』になります。

しかし、日本人が音を認識するとき、子音や母音などは考えません。

『く』は『く』です。ひらがなが基準です。

つまり、子音だけの音を知らない

“like”の例で言うと、最後はkの音なのに、ひらがな基準の日本人にすると、“ク”で置き換えざるを得ないんです。

その為、まず最初はアルファベットの正しい音(子音と母音)を身に付ける必要があります。

読み方編

読み方は徹底的に真似するしかありません

リスニング問題でどうしても聴き取れないときがありますよね?

単語を知らない場合を除き、音の繋がりの原因がほとんどです。

この時、聴こえた通りに真似して読んでください

その読み方を自分のものにするんです。

その読み方が自然なネイティブの読み方です。

これさえできれば、伝わりやすい英語になります

まとめ

rやthの発音に気を取られすぎていませんか?

発音は多少できなくても、伝わります。

それよりも、母音で読まない。音を繋げる。

を意識しましょう。

必ず伝わりやすい英語に近づきますよ!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました