ネイティブはこう発音する!in a が聴き取れない理由

リスニング

リスニングって難しいですよね?

わたしも高校生まではリスニングを捨ててきた身ですから、リスニングには苦手意識を持っていました。

試験にもリスニングってそんな出やんし。」と思っていたので。(笑)

でも英語を話せるようになりたいのであれば、リスニングは欠かせません。

本日は「in a」の正しい発音の仕方を学びましょう!

in a の発音の仕方①

発音を聞く前に、この英語聴き取れますか?

後半ちょっと難しいかもしれないですね。

正解は次のページに

in a の発音の仕方②

先ほどの英語は “The family is riding in a car.” でした!

「え、本当に!?」

「in a の部分発音してた!?」

そう思った方、今日であなたもネイティブに一歩近づきますよ!

in a は、in と a を分けずに引っ付けて発音します!

どうしてin a は音が引っ付くの?

英語には音連結というものがあります。

音連結とは、子音と母音、もしくは母音と子音が引っ付くこと。

in a の例でみると、inのnは子音。aは母音。こういう時に音が引っ付きます。

Q. どうして音が引っ付くの?
A. その方がサッと発音できるからです。「イン ア」と発音するよりも、「イナ」と発音する方が楽で速いからです。

リスニングが苦手な人の特徴

in a に限った話ではありませんが、リスニングが苦手な人は往々にして英語の正しい発音で読んでいません

もうほんと「これだけちゃうかな?」と思うぐらいです。

例えば、willを「ウィル」と読んだり、helpを「ヘルプ」と読んだり、

そんな風にCDゆってるか?」と目を見開いて聞きただしたくなります。(笑)

これは明らかに日本語の読み方です。

リスニングを伸ばすにはどうしたらいいの?

じゃあどうすればいいのか?

簡単です。聴こえた通りに真似してそれを自分のものにすればいい

willの正しい発音helpの正しい発音を真似していくだけでいいんです。

ネイティブがそういう風に発音するのだから、それを真似すればいいんです。

ネイティブの読み方のように自分も癖づけて読むと、今度その音が来たときに反応できるようになります。

地道な作業ですが、リスニングを伸ばすには欠かせません。

まとめ

・in a 「インナ」のように繋げて発音する!

in a のように音が引っ付く単語はまだまだたくさんあります!

リスニングは英語を話せるようになる上で一番大切ですし、周りも苦手意識を持っている人が多いはずです。

日本語読みをせず、ネイティブの発音を癖づければ、もっと英語が分かるようになってきますよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました