英語で「H」は発音しない?消えるhimやherの発音!

リスニング

英語でとっても大事な代名詞。

himやherもそれにあたります。

そんなhimやherの文章をよく聞いてみると、「あれ?h発音してる?」と思った方もいるのではないでしょうか?

そうなんです。himやherの「h」の音は英語で発音しないんです!

そんな「hの弱化」とも呼べる発音のルールを本日は見ていきましょう!

himやherの発音の仕方

himやherそれ自体は普通に発音します。

また、強調したり、ゆっくり丁寧に話すときもhは残したままです。

I helped her study.(ゆっくりver)

一方、普通の会話ではhは落とします。

hを落とし、前の子音(この文ではhelpedのd)とhを落として残ったer(herのer)を引っ付けて発音します。

つまり、helpederみたいに発音します

I helped her study.(自然ver)

どうしてhは発音しないの?

ではどうしてhは発音しないのでしょうか?

書いてるのに発音しないなんておかしいよ!

だからリスニング嫌いなんだよ!

こう思う方もいると思いますが、もちろん理由があります。

  1. hの発音が面倒くさい
  2.  hを発音すると文が切れてしまう

順に見ていきましょう。

hの発音が面倒くさい

そもそもhelpなどの英語の「hの発音」は日本語の”ハ行”と違います。

英語のhの音は、のどの奥から空気と一緒に発音しないといけないんです。

そのため、発音するのが少し面倒くさいんです。

hを発音すると文が切れてしまう

また、英語のhの音は発音する際にいったん文が切れてしまいます

なぜなら、hの発音は唇を閉じたり、舌をどこかに付けたりせず、のどの奥から空気を出さないといけないからです。

この状態ではほかの発音はできません。つまり、文が切れてしまう!

そして、この文が切れてしまうことをネイティブは特に嫌います

よって、スムーズさを好む英語では「それならhを落としてしまおう!」となったわけです。

例文で聞いてみよう

一度例文を聞いてみましょう。

hが落ちて、前の子音と引っ付いている点に注目です!

Oh, not me. Ask him. He knows better than me.
「わたしじゃなくて彼に聞いて。彼の方がよく知ってるから。」
So tell her that you’re not into her anymore.
「なら彼女にもう興味がないって言いなよ。」

hをきちんと読むと文が切れてしまうけど、hを落として前の子音と引っ付けると、このようにスムーズに読めます!

まとめ

  • himやherの「h」は発音しない!
  • 「h」を発音しない方が話しやすいから!
  • 「h」を落として、前の子音と引っ付ける!

いかがでしたでしょうか?

リスニングでhimやherが聴き取れないことありましたよね?

でも、それって実は言ってなかったんです!

なので、「hがどうしても聴こえない」と悩む必要はありません!

これからはhimやherのhは読まずに発音していきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました