ネイティブはこう発音する!helpが聴き取れない理由!

リスニング

あなたは今、ハワイの海で遊んでいます。

ところが波に飲まれ溺れそうになっています。

咄嗟にあなたは「ヘルプー!」と叫びました。

ところが誰も分かってくれず溺れてしまいました。

あなたのヘルプはhelpではなかったのです。

さて、こんなことにならないよう、helpの正しい発音を勉強しましょう!

helpの正しい発音

helpの正しい発音

どうでしょう?カタカナとはだいぶ違うのが分かりますよね!

よくあるhの発音の間違い

よくあるhの発音の間違いが、”ル”をはっきり発音してしまうパターン

日本語の”ヘルプ”につられてしまい”ル”と言ってしまうんです。

でも英語のhelpは真ん中がl(エル)のみの子音!

だから”ル”(子音lと母音uの形)で発音してはいけないんです!

日本語は基本母音(”sakura”のように全てに母音が付く)なので、子音が多い英語の発音は難しい!

helpの発音のポイントは”のど”にある!?

helpの発音のポイントはなにも真ん中のlだけではありません。

スタートのhの音も大切です。

日本語の”は行”は口の中で言えますが、英語のhの音は”のど”から出すのがポイント!

どれくらい違うか聞いてみましょう。

hの音が”のど”から空気と一緒に出ているのが分かりますか?

これがhの正しい発音の仕方です!

この”のど”からの音を上手く出せるようになれば、ネイティブに聞き取ってもらいやすくなりますよ!

まとめ

・helpの発音は”ヘルプ”ではない!
・特に”ル”とは発音しない!
・hの音はのどから出す!

いかがでしたでしょうか?

日本語は『子音で発音する』という意識がないので、英語の発音は難しく感じると思います。

『help』はいざという時、海外では必須の言葉なので、海外に行く前はきっちり練習していきたいですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました