as~asの後ろは目的語?それともSV?ネイティブに聞いてみた!

英文法

as~asの後ろって目的語を取るのか、SV(主語・動詞)になるのか悩みますよね。。

目的語の時もあればSVの時もあるように感じますが、どちらが正しいのでしょうか?

  • as~asの後ろは絶対目的語だ!と思う方!
  • いやas~asのあとはSVが来る!と思う方!
  • どっちか分からないから知りたい方!

ネイティブに聞いてみたのでぜひ最後まで読んでください!

as~asの後ろはどちらが正しい?

結論から述べると、どちらでもいいそうです!

  • He’s as kind as me.
  • He’s as kind as I am.
  • 彼は私と同じぐらい優しい。

しかし、ネイティブの好みはあるそうです。

as~as+目的語

『as~as+目的語』は友達との会話であれば問題ない形だそうです。

  • He’s as kind as me.
  • You’re as tall as him.

パーフェクトな文だよと言っていました!

ただし、SVの方を好むそうです。

as~as+SV

as~as +SV(主語・動詞)』の形で使うことが多いそうです。

  • He’s as kind as me. < He’s as kind as I am.

こちらの方がよりprofessionalな感じがするんだそうです。

テストでは『as~as 目的語』と『as~as SV』どちらが正しい?

ではテストでは『as~as 目的語』か『as~as SV』のどちらが正しいのでしょうか?

ネイティブによると、テストでは『as~as SV』の方が相応しい

普段、『He’s as kind as me.』のように”目的語”で文を終わることが少なく、よりprofessionalな『He’s as kind as I am.』の方がより正しいと言っていました!

『as~as』を辞書で調べてみた

辞書で調べてみると、as~asは接続詞でした。

接続詞は後ろにSVを取らないといけないので、『as~as SV』の方が文法的観点から見ても正しいようです。

一方、『as~as 目的語』は話し言葉で使われると書いてありました。

”友達との会話であれば『as~as 目的語』でも問題ない”というネイティブの意見に合致しますね!

『He’s as kind as my brother.』は正しいの?

一方、教科書でこんな例文を見たことはないですか?

  • He’s as kind as my brother.
  • She’s as tall as Tom.

『as~as』は接続詞なのに、目的語で終わっていますよね?

それも教科書の例文で!

でもこれは、後ろのisが省略されているだけ

つまり、これが正式な文章↓

  • He’s as kind as my brother is.

これに関しては、isがあろうがなかろうが文章でも問題ないそうです!

まとめ

  • 会話であれば『as~as+目的語 or SV』どちらでもいい!
  • 文法的にみると、『as~as+SV』が正しい!
  • テストでも『as~as+SV』の方がいい!
  • 『as~as+人(my brotherなど)』は後ろのisを省略できる!

いかがでしたでしょうか?

as~asを使う際は、書く時だけas~as+SVの形にしさえすれば問題なさそうですね!

いや~、いい勉強になりました!(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました